商標登録についてわかりやすく解説しています。

4条1項10号の要件

商標法4条1項11号には、当該商標登録出願の日前の商標登録出願に係る他人の登録商標又はこれに類似する商標であつて、その商標登録に係る指定商品若しくは指定役務(第六条第一項(第六十八条第一項において準用する場合を含む。)の規定により指定した商品又は役務をいう。以下同じ。)又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするものは、登録を受けることができない旨が定められてあります。

本号に規定する「需要者の間に広く認識されている商標」には、最終消費者まで広く認識されている商標のみならず、取引者の間に広く認識されている商標を含まれます。また全国的に認識されている商標のみならず、ある一地方で広く認識されている商標をも含まれます。

戻る