商標登録についてわかりやすく解説しています。

4条1項11号の要件

商標法4条1項11号には、当該商標登録出願の日前の商標登録出願に係る他人の登録商標又はこれに類似する商標であつて、その商標登録に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするものは、登録を受けることができない旨が定められてあります。

商品又は役務の出所の混同防止であり、すでに商標権が設定されている場合に、これと抵触する商標について登録をするのは妥当ではないからです。

商標の類否の判断は、商標の有する外観、称呼、観念のそれぞれの判断要素を総合的に考察して判断します。また、商標が使用される商品・役務の主たる需要者層(例えば、専門家、老人、子供、婦人など)その他商品・役務の取引の実情を考慮し、需要者の通常有する注意力を基準として判断します。

戻る