商標登録についてわかりやすく解説しています。

4条1項12号の要件

他人の登録防護標章(防護標章登録を受けている標章をいう。以下同じ。)と同一の商標であつて、その防護標章登録に係る指定商品又は指定役務について使用をするものは、登録を受けることができません。

本号の適用を受けるものは、登録防護標章と同一であって、その防護標章登録に係る指定商品・指定役務と同一のものに限ります。 防護標章登録の例としては、下記のようなものがあります。

写真 写真 写真 写真
戻る