商標登録についてわかりやすく解説しています。

4条1項16号の要件

商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標は、登録を受けることができません。

商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標とは、例えば、商品「きな粉」について商標「黒豆きな粉」は、黒豆から作ったきな粉以外のきな粉に「黒豆きな粉」の商標を使用すると、その商品を購入する需要者は、「黒豆きな粉」の商標が付されている商品を見たときに「黒豆から作ったきな粉」だと認識して購入するので、商品の品質の誤認を生ずるおそれがあります。このように、商品の品質や役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標は登録できません。
この場合は、指定商品を「黒豆から作ったきな粉」と表示する必要があります。

戻る