商標登録についてわかりやすく解説しています。

4条1項18号の要件

商品等(商品若しくは商品の包装又は役務をいう。第二十六条第一項第五号において同じ。)が当然に備える特徴のうち政令で定めるもののみからなる商標は、登録を受けることができません。

商標権は存続期間の更新を繰り返すことによって半永久的に所有できる権利であることから、このような商標について商標登録を認めることとすると、その商品又は商品の包装についての生産・販売の独占を事実上半永久的に許すこととなり自由競争を不当に阻害するおそれがあるからです。

不可欠な立体的形状「のみ」からなる商標についてであり、不可欠な立体的形状と識別力を有する文字等が結合している商標は、登録を受けることができます。

戻る