商標登録についてわかりやすく解説しています。

指定商品・指定役務

商標は、標章(文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合またはこれらと色彩との結合)のうち業として使用するもののことをいいます。 ですので原則として、商標は使用することが前提 となっています。 商標登録出願をするとき、その商標を「どんな商品に使用するのか?」「どんな役務に使用するのか?」を指定します。
ここで指定された商品を「指定商品」、指定された役務を「指定役務」といいます。

登録後は、指定商品・指定役務について登録商標を独占的に使用できます。
また他人が、その指定商品・指定役務に係る商品・役務、または類似する商品・役務について、登録商標またはこれに類似する商標を使用した場合、使用の差止め等をすることができます。

「指定商品」は第1類~第34類まで、「指定役務」は第35類~45類までの区分に分かれています。


写真 写真 写真