商標登録についてわかりやすく解説しています。

商標とは?

「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるものをいいます。 商標には文字だけのもの。文字と図形、記号を組み合わせたもの。特徴的な形状などからなる立体的商標などがあります。

例えば、このような見慣れた会社名や商品名、ロゴ、立体的形状などは、特許庁に登録されている商標です。コンビニの店舗形態も登録されているのですね。

写真 写真 写真









一般的に、商標とは文字だけのものであると思われがちですが、このような例のように、文字などをロゴ化したものや立体的形状のものなど様々な商標が登録されています。また、新たな商標として、音響、色彩、動き、位置、ホログラムの商標も登録が認められるようになっています。

身近にある商品名や良く知っている会社名が商標登録されているだけでなく、びっくりするような商標 が登録されていたり、変な商標が登録されていたりと、商標は意外と奥が深いのです。

またよくある質問として、会社名については、 登記してあるので商標登録しなくてもいい と考える方が多いのですが、登記したからといって、他社がその商号を使用することを禁止することはできません。