商標登録についてわかりやすく解説しています。

商標調査について

商標登録出願をする時は、事前に商標調査を行うことをお勧めします。

商標調査とは、商標登録出願をする前に、

「商標が識別力を有するものかどうか?」
「商標を使いたい商品や役務(サービス)について、他人の出願に係る商標と同一・類似ではないか?」
「他人の登録商標と同一・類似ではないか?」

などの事前に行う調査のことです。

識別力のない商標 は、登録を受けることができません。
他人の登録商標等と同一・類似のものがあれば登録を受けることができません。

せっかく出願しても、登録の条件を満たしていない場合には、出願印紙代が無駄になってしまう可能性があります。 また審査の段階で、拒絶理由が通知されて、それに対応しなければならない等といった問題が発生することもあります。結果的に登録が認められず拒絶査定になったり、登録までに相当な期間を要することになったりと不都合が生じる場合もあります。商標登録出願をする時は、専門家による事前調査を行い、確実たる権利化を望みましょう。

登録を受ける可能性があるかどうかは、専門家の経験と知識を持って判断をすることが適切でしょう。